>

2015年01月16日

“壁体内通気” を止める DIY

冷気が入る経路はまず床下です。

床下にはどこから入るかといえば基礎に設けられた換気口です。

一応説明しておきますが、基礎とは地面とつながったコンクリートで出来た部分です。
ちなみに土台とはその基礎の上にのっている木材となります。

その換気口をふさいでしまえば、冬の冷気は入ってこないことになるのです。

ふさぐ方法としては、手軽な発泡スチロール等を大きさに合わせてカットしてはめ込むという方法。



床下の換気方法は換気口の他に基礎パッキンを用いた方法もあります。
こちらの場合は換気を止めるのは難しいです。

そして、あくまで寒く乾燥した時期だけ。
それ以外の時期ははずして換気をしてください。

あと、湿気の多い敷地ではしない方がよいと思います。

あくまで自己責任ですが、
あまりに寒すぎる!!!という方はお試しください。

家のつくりで換気口以外に風が入ってくる箇所もあったりしますので、
換気口をふさいだだけでは効果があるかどうかは家ごとに違ってきます。

合わせて点検として、
換気口のカドからよくひび割れが基礎のコンクリに入っています。
そのひび割れがちょっと大きすぎるようでしたら、
地盤の不同沈下が起きている可能性があります。

ご心配な方はご相談くださいませ。
posted by sekiguchi_lablog at 12:10| 建築ラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする