>

2024年02月21日

100年前にも全面ガラスの

先日は静岡まで行って来たのですが、
つい「寄り道できるかな」が浮かんで来てしまいます。
その時も1時間ちょっとくらいは取れそうでしたので、
つい、道中のまわりを調べてみましたら、
ありましたありました。
東海道、新蒲原というところ「旧五十嵐歯科医院」。
今回のポイントは南面全面ガラスという点であります。

「手間がゆとりを生む家」も南面は全てガラス張り。
台風のことを考えると、
雨戸が欲しいところで、いろいろと検討はしましたが、
まぁ、何かあっても自分で直せばいいか。という所に落ち着き、
これも実証実験だ。と住み始めて18年。

「旧五十嵐歯科医院」さんも雨戸なしで100年。
たくさんの台風にも。しかも海沿い。

実物を体験し、失礼ながら勝手に同志。心強くなりやんした。

RIMG0718.jpeg
ヒサシガナイアルヨ。
夏は暑かったやろ。

RIMG0708.jpeg
コチラ診察室(右側は待合室)。
久しぶりに建物で感動。
100年前ににねぇ。
患者さんは治療のため泊まりがけでも来ていたそうな。
そりゃ来たくなるわな。
ガラスはレトロガラスで候。

「旧五十嵐歯科医院」さん、
建物にもいろいろと創意工夫がなされ、
職人さんのいい仕事(父親が棟梁だったそう)、
材料も。
地元のガイドさん詰めています。
ちょっと聞いてみたいところを聞けるのが良いですよね。
posted by sekiguchi_lablog at 21:57| Comment(0) | 手間がゆとりを生む家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月15日

暖房ブースター

太陽からの赤外線の特徴のひとつに「反射」というのがあります。
反射板を置くだけで違うところへ熱(赤外線)をヒョイと移動することができるのです。
そして移動先のモノをあたためてくれます。

簡単
単純
シンプル
壊れない
そしてタダ!

RIMG0731.jpeg
集められた反射板勢揃い(笑っちゃいけません大真面目です)
冬至から日にちも大分経ち太陽の角度も高くなってきて室内に入る分が少なくなっていますので、
より室内をあたためるべく。


FLIR0049.jpeg
窓から入った赤外線(人間の目には見えない)と可視光線(写真の明るいところ)


FLIR0048.jpeg
赤外線を見えるようにしたところ。


RIMG0733.jpeg
窓から入った様子は上記の通りですが、
窓に当たらなくても壁に当たっても有効に。
ガラスとフィルムの空気層を通して土壁に当たり土壁をあたためてくれます。
posted by sekiguchi_lablog at 14:19| 手間がゆとりを生む家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月30日

冬の太陽熱を受け止める

南面はできる限りに集熱する仕様にしています。
庇も影をつくらないようにまつ毛のように上向きに。

太陽からの暖かさは赤外線でやってきます。
赤外線はモノを温める役割ですので、
住宅の土、石、、、を温めてくれます。

人間もお日様の下では体の芯からぽかぽかに。

写真は2022年12月。
大分落葉樹の枝が茂ってきました。

2022 12月.jpg
posted by sekiguchi_lablog at 11:55| 手間がゆとりを生む家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月28日

晴れて寒い日の室温

25日は寒かったんです。
天気予報を振り返ると最高気温は8度。
でも晴れてくれました。

1月25日の夜10時
外気温はマイナス0.6度
1階リビングの室温は16.3度

翌26日の朝7時
外気温はマイナス3.8度
1階リビングの室温は12.1度

お日様は、
その場所にいればもれなく暖めてくれるんです。
運んでくる必要がないんです。
それにお金を払う必要もなく。

ただ、人間の側で暖かさの調節ができませんがネ。

25夜.png

26朝.png
posted by sekiguchi_lablog at 18:08| 手間がゆとりを生む家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月24日

冬、晴れた日の仕組み

冬、よく晴れる地域でしたら、。

その暖かさを利用しています。

1階リビングのお昼くらいの時の様子(2023 1/23)

この後も晴れが続けばより暖かくなります。

床壁天井を太陽熱で直接、ダイレクトに(ガラスは通していますが)暖めて
そこからの放射、赤外線でカラダが温まるのです。

床壁天井に蓄熱された暖かさを室内にじわじわ出してくれるように断熱(空気層)がありまして、
その夜〜次の日の朝まで暖房いらずということです。

床壁天井を太陽熱で直接、ダイレクトに(ガラスは通していますが)暖めて
そこからの放射、赤外線でカラダが温まるのです。

ここに居るとほっこりぽかぽか。
からだのまわりがおひさまの熱で全面的に暖かいから。


平等に降り注ぐ太陽の暖かさを。

FLIR0024.jpg

FLIR0025.jpg

23夜.png

24朝.png

posted by sekiguchi_lablog at 19:00| 手間がゆとりを生む家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月17日

「手間がゆとりを生む家」の冬 温度

冬 暖房していない日の外と室内の温度を少し。
これ以外の日も晴れた日は暖房していませんので、こんな感じです。

興味深いのは夜間や朝方の外の冷え具合にはあまりかかわらず1階居間の室温は13度程度なこと。
11日の朝 外1.5度 室内13.7度
17日の朝 外マイナス2.7度 室内12.9度

比例しないようで。 

10-夜.png

image.png

16-夜.png

17-朝.png
posted by sekiguchi_lablog at 19:00| 手間がゆとりを生む家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月06日

土壁の家 と シロアリの蟻塚 と 温度比べ

9月に入ってもまたまた来ました。暑い日が。

昨日(9/5)拙宅は、
最高気温 36.3度(南側日陰)
最高室温 31.0度(1階リビング)
でした。

RIMG0327 (1).jpg

RIMG0326 (1).jpg

記録を取っていて気づくのは、
外の温度があまり上がらなくても、
逆にかなり上がってしまっても、
外の気温の変化度に対して内側は30度前後で安定していること。



拙宅の最高外気温の前後3日の温度記録
外は南側日陰
内は1階リビング

7/15 外 31.1度
   内 29.5度

7/16 外 36.9度
   内 31.1度

7/17 外 35.6度
   内 31.4度  


そしてちょっと興味深いのは、
(飛びますが、)
もっと昼間暑い地域の、拙宅と同じ「土」で出来た、

それはシロアリの蟻塚(ワタシの頭の片隅で常に気になっている)。
その内部の温度も30〜31度らしいとのこと(ネットにて)
共通点は素材としての 

「 土 」


また温度に関しては、
拙宅1階リビングは南側に窓があり外の影響を受けやすいのですが、
蟻塚と同じように窓のない土に囲まれた感じの玄関土間の温度はより安定しています。

8/11 外 34.8度
   内 30.8度

8/12 外 35.4度
内 29.8度

8/13 外32.5度
内 29.3度

8/14 外30.1度
内29.2度


考察として、
空調を使用しない自然の室温としては、
30度前後が一つの目安といいますか、
30度前後でやっていくしかないといいますか、
30度前後はなんとかやっていけるといいますか、

そんな感じでございます。

但し、
まわり(床壁天井)の温度も高くないことが必須
   
posted by sekiguchi_lablog at 18:20| 手間がゆとりを生む家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月01日

30度 1階 リビング(LDK)

2023年の8月21日の記録

昼間暑さがこたえる14時くらい。
&
夜間はどうなのかということで22時半くらい。


温度湿度のセンサーの位置は
全部で6カ所設置してみました。

外部2カ所
 南側と北側 両方とも日陰

室内は4カ所

 1階 玄関土間
 1階 リビング(LDK)

 2階      下側
 2階(屋根下) 上側

スキップフロアですので2階に上と下があります。
2階 の上にはロフトがあります。
この 2階 にはほぼ窓がありません。

image.png

外部 南側と北側では1.6度の差があります。「微気候」ということでありまして、まわりの状況が違うと天候によっては温度が変わります

室内
基本的に1階は昼間は窓を閉めて、夕方から朝に窓(換気用の)を開けています。
2階は昼も夜も窓を開けています。

玄関土間は朝しか日が入りませんので温度もそれほど上がらず。
1階リビングは南側に大きな窓がありますので、さすがに玄関土間のようにはいきません。
2階も窓がほぼないとはいえ換気していますので、このくらいにはなります。
2階屋根下 南側に窓があり換気もよくできますので、このくらい。





RIMG0313.jpg


夜です。
22時半。

外部は南側の方が風通しがいいからか温度が下がります。

換気窓開けていますが、1階はほぼ変わらず。
そして注目は2階の温度が下がってくれること。
壁や天井(屋根)の熱のこもりが酷くないこと。

でもね、もちろん冷房している感じではありませんのでね、
涼しい≠ニいうわけではありません。
ワタシ以外は扇風機かけて睡眠です。



それにしても、
この温度湿度のデータがとれる「govee」さんにはお世話になっております。
費用もリーズナブルでしたので6カ所も設置できました。
むかしは値段も高くwindowsオンリーでしたりなかなか購入には踏み切れなかったものです。
また、サーモカメラも準備してみましたのでまたUPしてみます。
posted by sekiguchi_lablog at 18:18| 手間がゆとりを生む家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30度 1階 LDK

RIMG0313.jpgRIMG0313.jpgRIMG0313.jpg
posted by sekiguchi_lablog at 18:15| 手間がゆとりを生む家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月22日

「手間がゆとりを生む家」

夏・もう一つの選択肢?

かつて住んでいた賃貸の夏はエアコン生活でした。
窓を全開にしても、扇風機だけではどうにもこうにもいられませんでした。
ですので、エアコンの必要性も承知しておりまし、
効率よく冷やしてくれてスバラシイ機械でございます。

ただ今の世の中、それ一択しかないような状況でありまして、

そうではない

低気密、高蓄熱(冷)

夏締め切らない

の暮らしはもう一つの選択肢でありえるのかどうか。

ここまでやればいけそうだ。
こんなにやってもこんなもんか。

(えっ何してんの⤴︎、エアコンつければ良いじゃん。)

ただ、どうも腑に落ちないところがあり、
その方向での努力はストレスなくいけるのですが、
私もひとりで住んでいるわけではないので、
そのあたりも悩ましいところであります。


「管理されない空気感&外の世界と繋がった生活」


「手間がゆとりを生む家」の内容、データをもとに

夏だけでなく冬のことも紹介してまいります。

環境は変わってきていますが、内容はあまり変わりばえせず、、、。
住み始めて17年(2005〜)となりました。


ps1
この夏から受験生のためにポータブルエアコンを設置しました。


ps2
ワンコを飼い始めました。2021年7月〜




長いことブランクがあいてしまいました。
また再開していきます。

posted by sekiguchi_lablog at 18:29| 手間がゆとりを生む家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする